明石

  • 印刷
山陽電鉄明石駅の改札近くに飾られたこもだる=明石市大明石町1
拡大
山陽電鉄明石駅の改札近くに飾られたこもだる=明石市大明石町1

 帰省客や初詣客に迎春の気分を味わってもらおうと、山陽電鉄明石駅(兵庫県明石市大明石町1)の改札口近くに28日、縁起物の「こもだる」が飾られた。

 年の瀬の恒例行事として約10年前から続く。同社のイベントなどを通じて付き合いのある江井ヶ嶋酒造(同市大久保町西島)が、清酒「神鷹」の四斗だる(72リットル)3丁を提供した。

 同社によると、新型コロナウイルスの影響で感染拡大前と比べ、年末年始の利用客は減少しているという。同社営業課の奥村雅之さん(28)は「感染対策に気を付けながら、家族や友人と電車でいろんな場所に遊びに行ってもらえたら」と話す。

 同社は、12月31日~1月3日のうち2日間、山陽姫路-阪神・阪急神戸三宮で自由に乗り降りできるお得な切符を販売中。1600円(大人のみ)。(川崎恵莉子)

明石
明石の最新
もっと見る
 

天気(5月28日)

  • 28℃
  • 19℃
  • 0%

  • 29℃
  • 15℃
  • 10%

  • 28℃
  • 19℃
  • 10%

  • 30℃
  • 17℃
  • 10%

お知らせ