明石

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県明石市が18日に発表した新型コロナウイルスの感染者は98人と、1日当たりの感染者数として過去最多を更新した。今回の流行「第6波」では、市内の日別の感染者数が10人を超えてからわずか10日余りで100人に迫る水準に。感染者増加のかつてない速さは、オミクロン株の感染力の強さの表れとみられる。(長尾亮太)

 市内でコロナ感染が初めて確認された2020年4月以降、1日当たりの感染者数として最も多かったのは、21年8月の24日と28日に記録した58人。この時点の「第5波」では、1日当たりの感染者数が10人を超えて58人に達するまでに1カ月余りかかっていた。

 新規感染者98人を年代別にみると、20代が32人、10代は20人、10歳未満が10人で、20代以下が63%を占めた。さらに40代は10人、30代9人、50代6人、60代7人、70代と80代は各2人だった。市内外で確認された患者の濃厚接触者は26人に上った。

 市教育委員会によると、市内の小学校3校と中学校1校の計7学級で7人の感染者を確認。同じクラスの児童や生徒全員を自宅待機とした。いずれも濃厚接触者がいないことが分かったため、19日から登校を再開する。また、小学校で教職員1人の感染が明らかになった。

 このほか、パピオスあかし(同市大明石町1)のあかしこども広場に勤務する委託業者の職員1人と、市立市民病院(同市鷹匠町)の看護師1人の陽性も判明。いずれも濃厚接触者はおらず、通常通り業務を続ける。

 18日時点で、入院中の患者は37人、宿泊療養者97人、自宅療養者128人。入院または宿泊療養を調整中の患者は計70人。

 市内では、市民病院をはじめ5病院の計44床がコロナ患者用として確保されている。市感染対策局は「感染者のうち一定の割合で入院が必要になるとみられるので、患者が急増すると病床が埋まる懸念はある」と警戒する一方、「感染が分かった当日に患者と連絡をとり、重症化リスクがある人への速やかな対応につなげたい」としている。

明石
明石の最新
もっと見る
 

天気(5月28日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ