明石

  • 印刷
小原式日時計を寄贈した小原輝子さん=明石市人丸町
拡大
小原式日時計を寄贈した小原輝子さん=明石市人丸町

 時の記念日の10日、日時計作家の小原輝子さん=相模原市=が、明石市立天文科学館(兵庫県明石市人丸町)に小原式日時計を寄贈した。小さな地球儀がついた水平型日時計で、5分刻みの正確な時刻を知ることができる。

 小原式日時計は輝子さんの父、銀之助さんが設計した。「日時計の王様」と呼ばれた銀之助さんは、研究者らから時間の正確さを高く評価されている。小原式日時計は国内外400カ所以上に設置され、県内では神戸市垂水区の「マリンピア神戸」に続いて2カ所目となる。

 今回贈られた日時計は、直径36センチの時刻文字盤に、地球儀がついた棒が取り付けられている。太陽が当たると棒の影が時刻を示す。

 同館の日時計広場であった除幕式で、輝子さんは「日本の標準時の基準となる明石に置いていただけるのは名誉なこと。地球が自転し、動いているという大きな宇宙のスケールを感じてもらえたら」と話した。(川崎恵莉子)

明石
明石の最新
もっと見る
 

天気(8月11日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 30%

  • 36℃
  • ---℃
  • 10%

  • 37℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ