淡路

  • 印刷
搾油機導入を目指す「淡路島オリーヴ協会」の土居政廣理事長(右)ら=洲本市文化体育館
拡大
搾油機導入を目指す「淡路島オリーヴ協会」の土居政廣理事長(右)ら=洲本市文化体育館

 兵庫県の淡路島でオリーブ栽培に取り組む一般社団法人「淡路島オリーヴ協会」が、オリーブオイル生産に必要な搾油機を導入するため、インターネットを通じて資金を募る「クラウドファンディング」を実施している。栽培本数は5千本を超え、今秋には収穫も本格化する見通しで、関係者は「産業化に向けた正念場だ」と意気込んでいる。(切貫滋巨)

 25日に洲本市文化体育館で、年次総会があった。

 島内での栽培は同協会理事長を務める土居政廣さん(67)らが2009年から開始。現在は協会に所属する個人・法人の54会員が苗木を育てるなどしており、企業の参入も増えているという。昨年は収穫した実200キロから初めてオイルを生産し、「エクストラヴァージンオイル」(100ミリリットル、4320円)として販売している。

 ただ同協会に搾油機が無いため京都で委託加工したといい、来季の収穫までに機械の購入を目指している。自前で搾油できれば品質の向上も見込めるといい、土居さんは「島の食材に合うオイルを生産し、地域ブランドに育てたい」としている。

 「クラウド-」は、ウェブサイト「Makuake」で今年1月からスタート。1口1万円で、目標金額は150万円。オイル1本(1口)が贈られるなどの特典がある。5月10日まで。同協会TEL0799・38・6161

淡路の最新
もっと見る

天気(8月21日)

  • 32℃
  • 27℃
  • 20%

  • 36℃
  • 23℃
  • 10%

  • 35℃
  • 26℃
  • 10%

  • 36℃
  • 26℃
  • 10%

お知らせ