淡路

  • 印刷
公開された松帆銅鐸の実物。古代国家成立において淡路が果たした役割に想像が膨らむ=南あわじ市松帆西路、玉青館
公開された松帆銅鐸の実物。古代国家成立において淡路が果たした役割に想像が膨らむ=南あわじ市松帆西路、玉青館

 兵庫県南あわじ市で2015年に出土した弥生時代の青銅祭器「松帆銅鐸(どうたく)」の特別展示が7日、同市松帆西路の滝川記念美術館「玉青館」で始まった。松帆銅鐸と同じ鋳型で作られた「同笵(どうはん)銅鐸」を含むレプリカと合わせ、古代社会の姿を想起させる。26日まで。(佐藤健介)

淡路の最新
もっと見る

天気(11月22日)

  • 15℃
  • 7℃
  • 80%

  • 14℃
  • 2℃
  • 80%

  • 15℃
  • 6℃
  • 70%

  • 14℃
  • 3℃
  • 80%

お知らせ