淡路

  • 印刷
3月末の閉館が決まった高田屋嘉兵衛翁記念館=洲本市五色町都志
拡大
3月末の閉館が決まった高田屋嘉兵衛翁記念館=洲本市五色町都志
嘉兵衛ゆかりの貴重な資料が並ぶ=洲本市五色町都志
拡大
嘉兵衛ゆかりの貴重な資料が並ぶ=洲本市五色町都志

 江戸期に活躍した兵庫県洲本市五色町出身の豪商を紹介する「高田屋嘉兵衛翁(おう)記念館」(同町都志)について、市は3月末で閉館する方針を決めた。約800メートル離れたウェルネスパーク五色内に類似の「高田屋顕彰館」があり、観光客から「分かりにくい」「2カ所回るのは大変」などの声が寄せられていた。収蔵品は顕彰館に移設する予定で、施設の一本化で展示内容を充実させる。(渡辺裕司)

 記念館は1979年に完成。建築面積162平方メートルの平屋で、嘉兵衛愛用の望遠鏡など122点の貴重な資料がある。ピーク時の2001年度は約4千人が訪れたが、その後は減少が続く。

 一方の顕彰館は学芸専門員を配置し、2階建ての展示スペースに巨大スクリーンの映像設備などを備える。15年度の入館者は約8500人と記念館の7倍。記念館が手狭な上、利用者の利便性向上や施設維持管理費削減を目指し統合を決めた。

 市は市会3月定例会に施設廃止に関する条例案を提出しており、5月の北前船寄港地フォーラムまでにリニューアルオープンさせる。市教育委員会社会教育課は「展示内容をグレードアップし、発信力を一層強化したい」とする。

淡路の最新
もっと見る

天気(10月22日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 100%

  • 19℃
  • ---℃
  • 100%

  • 18℃
  • ---℃
  • 100%

  • 19℃
  • ---℃
  • 100%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ