淡路

  • 印刷
海に面した窓から日の光が差し込む新客室=ウェスティンホテル淡路
拡大
海に面した窓から日の光が差し込む新客室=ウェスティンホテル淡路

 春の観光シーズンを前に、ウェスティンホテル淡路(兵庫県淡路市夢舞台)は高層階の客室82室を改装した。完成を記念した宿泊プランを18日から開始する。(長江優咲)

 同ホテル(地上10階建て)は世界的な建築家安藤忠雄氏が手掛け、2000年に開業。客室の改装は初。

 手を加えたのは8~10階の「プレシャスフロア」。瀬戸内海をイメージしたカーペットやタマネギの花をモチーフにした壁面が目を引き、部屋全体が眼下に広がる絶景に溶け込む空間に仕上がった。

 改装した6種類の客室中、ラグジュアリーダブルルーム(46平方メートル)ではベッドを海に面した窓に向けて配置。海面から昇る朝日を体全体に浴びて目覚めることができる。

 同ホテルの担当者は「島の自然豊かな眺望を客室で体感してほしい」とPRする。

 宿泊プランは6月30日まで。島の食材を使った朝食もしくは昼食のビュッフェ、ドリンクサービスなどが付き、1泊(2人1室利用時の大人1人当たり)1万3300円から。同ホテルTEL0799・74・1111

淡路の最新
もっと見る

天気(5月26日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 10%

  • 25℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ