淡路

  • 印刷
淡路島の雑俳の歴史を学んだ講演会=洲本市塩屋1、洲本図書館
淡路島の雑俳の歴史を学んだ講演会=洲本市塩屋1、洲本図書館

 淡路文化協会の特別講演会「雑俳の歴史とおもしろさ」が27日、兵庫県洲本市塩屋1の洲本図書館であり、淡路雅交会会長の池添醉心さん(75)が淡路島での雑俳の特徴などについて話した。

 雑俳は俳諧形式の庶民文芸で、あらかじめ「句題」を与えられるのが特徴。句題の後に5音・7音を続ける「冠句」などいくつかの種類があり、言葉遊びの要素が大きい。

淡路の最新
もっと見る

天気(6月28日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 60%

  • 29℃
  • 20℃
  • 60%

  • 27℃
  • 22℃
  • 70%

  • 28℃
  • 22℃
  • 60%

お知らせ