淡路

  • 印刷
旧隧道がふさがれ、改修された相原川=洲本市五色町鮎原南谷
旧隧道がふさがれ、改修された相原川=洲本市五色町鮎原南谷

 兵庫県洲本市五色町鮎原南谷で、相原川の改修工事が完了した。同川は豪雨で水かさが増すたびに水をあふれさせ、鮎原小学校の校庭などに浸水被害を出してきたが、原因だった狭い隧道(トンネル)を工事でふさぎ、すぐ脇の道路下を新たに掘削。従来の3倍の水量を流せるようにした。

 工事は県が2016年4月に着手。2億円をかけ、都志川に合流する手前の112メートルのカーブ部分を改修した。これにより、流せる水の量は毎秒26トンから75トンに拡大。洲本土木事務所によると、2004年の台風23号襲来時の水量が毎秒約75トンで、豪雨のたびに校庭が浸水被害に見舞われてきた同校も「これで一定の安心を得られることになる」と同事務所。

淡路の最新
もっと見る

天気(10月24日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 20%

  • 19℃
  • ---℃
  • 20%

  • 19℃
  • ---℃
  • 60%

  • 19℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ