淡路

  • 印刷
巨大ゴリラに体をわしづかみにされ「助けて!」のポーズで記念撮影する親子ら=淡路市塩田新島、淡路ワールドパークONOKORO
拡大
巨大ゴリラに体をわしづかみにされ「助けて!」のポーズで記念撮影する親子ら=淡路市塩田新島、淡路ワールドパークONOKORO

 兵庫県淡路市の観光施設「淡路ワールドパークONOKORO」に置かれた数々のユニークなオブジェが、親子連れらの記念撮影で人気を集めている。初夏のさわやかな陽気に恵まれた4日、子どもたちは大喜びでオブジェを巡り、親たちはうれしそうに追い掛けながら撮影に励んでいた。

 ビルの壁を突き破る巨大ゴリラの手、割れた卵の殻、大きな口を開けるティラノサウルスの顔…。

 入り口のゲートをくぐると、目の前に3種類のオブジェが待ち受ける。巨大ゴリラの手に体を滑り込ませた子どもたちは「キャー!」と声を上げ、ゴリラに体をわしづかみにされた姿に。ティラノサウルスの口の中では食べられる恐怖に顔を引きつらせ、撮影する保護者らを楽しませた。

 オブジェは支配人の清水浩嗣さん(62)の発案で、美術担当スタッフが制作。3月下旬以降順次増やした。施設内にある世界の有名建築のミニチュアと合成写真が作成できるアプリも制作・公開。清水さんは「面白い写真を撮るという新しい楽しみ方を提供したい」と話す。(西井由比子)

淡路の最新
もっと見る

天気(8月25日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 60%

  • 30℃
  • 26℃
  • 60%

  • 34℃
  • 28℃
  • 20%

  • 35℃
  • 26℃
  • 40%

お知らせ