淡路

  • 印刷

 兵庫県南あわじ市への移住希望者が現地の生活の一端に触れる催し「南あわじを知ろう! 暮らしの体験ツアー」が7月16日にある。先輩移住者との交流会や農業体験などを通じ、U・Iターンの参考にしてもらう。

 県内有数の農業どころや観光地としての魅力に加え、インフラやまちの雰囲気も含めて住んだイメージを伝えようと、移住支援NPO法人や宅建業者、市などでつくる「市定住促進協議会」が初めて企画した。

 参加者は市役所に午前10時40分(バス利用者は高速バス停留所「陸の港西淡」に同11時)に集合し、阿万地区のキッチン&ペンション「AMA TERRASSE(アマテラス)」へ。結婚を機に愛知県から移り住んで同店を営む出田洋子さん、就農を志す夫とともに京都府から移住し、市地域おこし協力隊として農産物販売支援に取り組む大田志穂さんに体験談を聞く。淡路島の食材を使ったカレーでランチを取る。

 市の空き家バンクに登録されている物件の見学に続き、午後3時半からは大田さんの夫が働く倭文地区の農業法人でタマネギの根切りや選果などを体験する。

 申し込みは7月7日まで。先着18人。参加費2千円(小中高校生千円、未就学児無料)。市ふるさと創生課TEL0799・43・5205

(佐藤健介)

淡路の最新
もっと見る

天気(12月16日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 60%

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ