淡路

  • 印刷
キンセンカやナルトオレンジなど淡路産の原料を配合した「ラベンダーせっけん」=パルシェ香りの館
拡大
キンセンカやナルトオレンジなど淡路産の原料を配合した「ラベンダーせっけん」=パルシェ香りの館

 香りがテーマの観光施設「パルシェ香りの館」(兵庫県淡路市尾崎)に、期間限定の体験イベント「ラベンダーせっけん作り」が初登場した。淡路産の無農薬栽培にこだわったラベンダーやキンセンカを使用。利用者から「香りが良く、洗った後のしっとり感が違う」と人気を呼んでいる。(内田世紀)

 バラの実を使う「ローズヒップせっけん作り」が好評の同施設が、ラベンダーが開花する時期に合わせ企画。同施設や島内の農家が生産した材料を使用する。

 作り方は、せっけんの原料となるパーム油100グラムに、ラベンダーのエッセンシャルオイルと皮膚疾患に効果があるとされるキンセンカのドライフラワーを混ぜてなじませる。ナルトオレンジのフローラルウオーターと泡立ちをよくする純粋ハチミツを加え成形。持ち帰って3日ほど乾燥させる。利用者はハートや星、イルカなど、好みの型をチョイス。作業後に手を洗い「爽やかで落ち着く香り」「肌が潤うみたい」と喜んでいた。

 同施設の担当者は「無農薬の原料は貴重で、保存料を使わず肌に優しい。淡路のいいものが、ギュッと詰まったせっけんを安心して使ってほしい」とPRする。

 7月21日まで。午前9時~午後5時(受け付けは同4時半まで)。800円。農園では、約3千株50万本のラベンダーが花を付け、6月30日まで摘み取り体験(30本200円)も楽しめる。同施設TEL0799・85・1162

淡路の最新
もっと見る

天気(6月29日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 60%

  • 29℃
  • 20℃
  • 40%

  • 26℃
  • 23℃
  • 70%

  • 27℃
  • 22℃
  • 60%

お知らせ