淡路

  • 印刷
真新しいプールで星奈津美さん(右)の指導を受ける児童たち=洲本市立由良小学校
拡大
真新しいプールで星奈津美さん(右)の指導を受ける児童たち=洲本市立由良小学校
プール用水を飲料水に浄化する「緊急浄水システム」
拡大
プール用水を飲料水に浄化する「緊急浄水システム」

 災害時に飲料水として使用するための浄水装置を常設した屋外プールが兵庫県洲本市立由良小学校に完成し、竣工式が23日、同校であった。式典後にはロンドン、リオ五輪の競泳200メートルバタフライ銅メダリスト、星奈津美さんによる水泳教室も開かれ、4~6年生約50人が真新しいプールで一流の技を体感した。

 災害で同校周辺の県道が通行できなくなる事態を想定し、市内で初めて浄水型プールを導入。老朽化に伴う同校建て替え工事の一環で、昨年12月に着工し今月20日に完成した。一時間あたり2トンのプール用水を浄化できるという。総工費は約1億2300万円。

 式典には関係者約40人が参加し、竹内通弘市長が「水泳の授業はもちろん、防災教育にも活用してほしい。由良から世界へ羽ばたくスイマーが育つことを期待している」とあいさつした。

 水泳教室では、星さんのお手本の泳ぎに「速すぎる」と拍手や歓声が起こった。ビート板を使ったバタ足の練習で「足の甲で水を蹴ろう」「膝は曲げないで」などとアドバイスを受けると、児童たちは早速実践していた。

 6年の女児(11)は「ピカピカのプールに入れてうれしい。美しく大切に使っていきたい」と話していた。(長江優咲)

淡路の最新
もっと見る

天気(7月24日)

  • 32℃
  • 28℃
  • 40%

  • 33℃
  • 26℃
  • 40%

  • 33℃
  • 27℃
  • 20%

  • 34℃
  • 26℃
  • 40%

お知らせ