淡路

  • 印刷

 小中高校生が映画製作の手法を学ぶ講座が7月15~17日、教育研修施設「国立淡路青少年交流の家」(兵庫県南あわじ市阿万塩屋町)で開かれる。表現力やコミュニケーション能力を磨こうと、同施設が企画。9月に南あわじ市内であるアジア国際子ども映画祭の関西・四国ブロック大会「うずしお子ども映画祭」(神戸新聞社後援)への出品を目指す。

 東播磨高校放送部を全国大会の常連に育て、文部科学省から視聴覚・情報教育の功労者表彰も受けた小野工業高校定時制教頭の藤岡文博さんが指導。参加者は「学校の先生」をテーマに台本作りや配役、ロケ場所探し、撮影、編集などを体験するほか、完成作品を試写して感想を語り合う。

 岩屋ポートビル(淡路市)とJR徳島駅から無料送迎バスを運行。対象は小学4年から高校3年で、参加費は小学生4400円、中学生以上4490円。定員6組(1組5人程度)。応募多数の場合は抽選。6月30日午後5時までに申し込む。国立淡路青少年交流の家TEL0799・55・2696

(佐藤健介)

淡路の最新
もっと見る

天気(7月24日)

  • 32℃
  • 28℃
  • 40%

  • 33℃
  • 26℃
  • 40%

  • 33℃
  • 27℃
  • 20%

  • 34℃
  • 26℃
  • 40%

お知らせ