淡路

  • 印刷
淡路島産タマネギを使った牛丼を味わう児童たち=淡路市、学習小学校
拡大
淡路島産タマネギを使った牛丼を味わう児童たち=淡路市、学習小学校

 兵庫県淡路市内の全小中学校で4日、淡路日の出農業協同組合(同市)から寄贈されたタマネギを使った料理が給食として提供された。

 同農協は毎年、子どもたちに地元の特産品を味わってもらおうと「淡路島たまねぎ」300キロを同市に寄贈。市給食センターは、計18校約3500人分の牛丼に調理した。

 学習小学校6年生の教室では、児童が「タマネギをくれた人に聞こえるように」と呼び掛け、全員で「いただきます」。牛丼の具をご飯にかけ、キュウリやキャベツのサラダと一緒に味わった。

 女子児童(11)は「タマネギが甘くていつもの牛丼よりおいしい。苦労してタマネギを作った人に感謝したい」と笑顔だった。(内田世紀)

淡路の最新
もっと見る

天気(9月25日)

  • 27℃
  • 20℃
  • 10%

  • 27℃
  • 15℃
  • 10%

  • 30℃
  • 19℃
  • 0%

  • 30℃
  • 17℃
  • 10%

お知らせ