淡路

  • 印刷
義援金を守本憲弘市長に手渡す(左から)ホーカン・ローゼングレンさんと浦瀬奈那子さん=南あわじ市役所
拡大
義援金を守本憲弘市長に手渡す(左から)ホーカン・ローゼングレンさんと浦瀬奈那子さん=南あわじ市役所

 九州北部の豪雨を受け、兵庫県南あわじ市福良地区出身のピアニスト、浦瀬奈那子さん(38)がこのほど、自身のリサイタルで集まった義援金を守本憲弘市長に手渡した。過去には自宅が火災で全焼したこともあり、災害に苦しんだ人間として共感し、迅速な支援に動いた。

 日米と欧州で活躍してきた浦瀬さんは3年前に火災に見舞われ、ピアノや楽譜、思い出の写真などほぼ全てが焼けた。それでも、失望の底から音楽家として前へ進む力を与えてくれた周囲の人らに感謝を込め、今月9日に洲本市文化体育館でリサイタルを企画した。そんな折、公演直前に九州を襲った豪雨。福岡、大分両県の甚大な被害に心を痛め、会場で急きょ義援金を募った。

 リサイタル共演者でスウェーデン人のクラリネット奏者ホーカン・ローゼングレンさん(53)と守本市長を訪ね、6万円の善意を託した。浦瀬さんは「災害のつらさは経験しないとわからない。被災者が少しでも元気になってもらえるように」と願った。

 南あわじ市は市役所本館1階ロビーに義援金箱を設置。日本赤十字社を通じて被災地の復旧復興に役立てられる。市総務課TEL0799・43・5001

(佐藤健介)

淡路の最新
もっと見る

天気(11月24日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 50%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ