淡路

  • 印刷

 瀬戸内海のサンセットを望む兵庫県南あわじ市津井地区で、26日午後3時から日没まで「島の夕日マルシェ」が開かれる。淡路島の農作物販売や、地場産品の屋根瓦と自然を生かした体験プログラムなどを楽しむ。

 農作業やカヌーなどアウトドアで交流する「津井農村塾 コミュニティ未来農園プロジェクト」の一環。農法や品目など多彩な就農者、こだわりのものづくりに取り組む作家らが集い、「甍(いらか)のまち」の新たな魅力を発信しようと、住民グループ「津井活性化委員会」や市地域おこし協力隊などが初めて企画した。

 同地区の瓦製造業者「タツミ」に“特設市場”が登場。イチジクやハーブ、タマネギといった農作物に加え、瓦製雑貨、藍染め衣類、多肉植物、額縁などが売り出される。

 また、体験コーナーでは石臼を使った小麦の粉ひき、夕日を眺めながらのヨガ、カヤック、スマートフォンの情報受信アプリ「ビーコン」を用いた街角散策などが楽しめる。

 無料(一部の体験コーナーは有料)。雨天時は27日に順延。同協力隊の上川さんTEL090・9051・4843

(佐藤健介)

淡路の最新
もっと見る

天気(11月25日)

  • 12℃
  • 6℃
  • 20%

  • 11℃
  • 5℃
  • 50%

  • 12℃
  • 6℃
  • 10%

  • 12℃
  • 4℃
  • 10%

お知らせ