淡路

  • 印刷
水上を歩く「アクアボール」に挑戦する子どもら=洲本市民交流センター
拡大
水上を歩く「アクアボール」に挑戦する子どもら=洲本市民交流センター

 スポーツや演奏会など、多彩なイベントを繰り広げる「市民交流センター祭り」が20日、兵庫県洲本市宇原の同センターで開かれた。プールでの水遊びや音楽ホールでのコンサートなど、センター内の施設を活用した催しを大勢の家族連れらが楽しんだ。(内田世紀)

 施設の魅力をPRし地区や世代間の交流を深めようと、2010年から毎年夏に開催する。

 「ドルフィンプール」では、浮輪を使った遊泳を解禁。幼児向けのプールには約200個のアヒルのおもちゃを浮かべた。直径約2メートルの透明な球体に入って水上を歩く遊具「アクアボール」も登場。子どもたちはバランスを取るのに苦戦しながら、ゆっくりと水上散歩を満喫した。挑戦した7歳と5歳の兄弟は「転んでばかりで疲れたけど楽しい」と喜んでいた。

 「ビバホール」では、音楽グループなど17組がクラシックやポピュラーなどの名曲を披露。不要になったおもちゃを交換する「かえっこバザール」や、健康状態を確認する体組成測定もあった。

淡路の最新
もっと見る

天気(11月24日)

  • 12℃
  • 6℃
  • 20%

  • 11℃
  • 4℃
  • 60%

  • 12℃
  • 7℃
  • 40%

  • 12℃
  • 4℃
  • 20%

お知らせ