淡路

  • 印刷
世界王者への大いなる一歩-。栄冠を励みに精進を誓う柏木大さん=南あわじ市役所
拡大
世界王者への大いなる一歩-。栄冠を励みに精進を誓う柏木大さん=南あわじ市役所

 国内有数の規模を誇る空手の祭典「カラテドリームフェスティバル2017全国大会」(5、6日・東京体育館)で、兵庫県南あわじ市賀集の柏木大さん(50)が初優勝を飾った。全世界空手道連盟新極真会が主催し、各地から約90流派の猛者が、打撃を交えた「フルコンタクト」でしのぎを削る大舞台に挑み、空手歴17年で快挙を成し遂げた。30歳を過ぎてから初めて胴着に袖を通した“遅咲き”だが、ともに稽古に汗を流す息子らの存在が励みに。「夢は同世代の世界王者」と語るシニア拳士は、自信を胸にあくなき向上心を燃やす。(佐藤健介)

 自動車販売店の仕事の傍ら、南あわじ市の道場「拳星會」で鍛錬し、突き技のスピードとパワー、上段蹴りなどを磨き上げ、段位は2段。中国地方や香川県の壮年大会で優勝を重ねるなどの実績が評価され、全国大会に推薦された。

 大会では「男子50歳以上55歳未満重量級」に出場し、30人によるトーナメント戦に臨んだ。1回戦は延長戦の末、上段回し蹴りで一本勝ち。その相手はその後の試合も熱心に応援してくれた。ねたまず、強さをたたえる素直さを粋に感じて集中力を保ち、「いくら打撃を受けても、微動だにしない」という強豪らを次々と撃破。一気に頂点へと駆け上がった。

 決勝の相手も終了後に抱擁で祝福してくれ、稽古のパートナーも感涙にむせんだ。勝敗を超えた人情に触れたひとときに、柏木さんは「全力を出し切ってぶつかり合った人とは仲良くなれるし、心の鍵を開くことができる」と充実感に浸った。

淡路の最新
もっと見る

天気(11月25日)

  • 12℃
  • 6℃
  • 20%

  • 11℃
  • 5℃
  • 50%

  • 12℃
  • 6℃
  • 10%

  • 12℃
  • 4℃
  • 10%

お知らせ