淡路

  • 印刷
秋の味覚、クリ拾いを楽しむ子どもたち=栗脇農園
拡大
秋の味覚、クリ拾いを楽しむ子どもたち=栗脇農園

 秋の味覚、クリ拾いを楽しめる兵庫県淡路市野島轟木の観光農園「栗脇農園」が今年もオープンした。「気温の高い日が続いたせいか、今年はひときわ甘みが強い」という味わいを大勢の行楽客が楽しんでいる。(内田世紀)

 同園は1986年、約65アールの雑木林を整備しクリの苗木を植栽。木が成長した約5年後に観光農園として開業した。現在は大粒で甘い、早生の「丹沢」と中手の「筑波」の2品種計約300本を栽培する。

 園内のクリの木には、緑から茶に色づき始めた実が鈴なりに。足元には、つやつやの実が顔をのぞかせる「いが」が、ごろごろと転がり、入園者は火ばさみと足を使い、丁寧に実を取り出していた。

 同園の栗脇豊一さん(74)は「海の見えるクリ園は珍しい。傾斜もなだらかなので、ベビーカーや車いすでも入れます」とPRする。

 10月上旬まで開園予定。期間中は無休。午前10時~午後5時。大人千円(お土産600グラム付き)、10歳以下500円(同300グラム)。同園TEL0799・82・1683

淡路の最新
もっと見る

天気(12月16日)

  • 12℃
  • 7℃
  • 30%

  • 11℃
  • 3℃
  • 60%

  • 11℃
  • 5℃
  • 30%

  • 12℃
  • 4℃
  • 20%

お知らせ