淡路

  • 印刷
ファッションショーのリハーサルに臨む子どもら。感性を披露する場はもうすぐ=奇跡の星の植物館
拡大
ファッションショーのリハーサルに臨む子どもら。感性を披露する場はもうすぐ=奇跡の星の植物館

 淡路島の子どもたちが“小さなデザイナー”となって手掛けた洋服のファッションショーが18日、兵庫県淡路市夢舞台の県立淡路夢舞台温室「奇跡の星の植物館」で開かれる。洋服のデザインや縫製を学ぶ「淡路こどもファッション学」を受講した淡路島の小中学生ら37人が参加。本番を控えた10日にはリハーサルがあり、緑豊かな空間で美的センスや個性を発表するステージへ、入念に準備を整えた。(佐藤健介)

 感性と創造力を育てようと、アパレル店「ラブ・チルドレン」(同市尾崎)や市などでつくる実行委員会が初企画。同店のファッションデザイナー清水かなよさんやプロのスタイリストらが講師を務め、夏休みを利用して制作を進めた。

 ファッションショーは16日から3日間の日程で催される「淡路夢舞台花の文化祭」のフィナーレを飾り、18日午後2時にスタート。キクなどで和風に彩られたフラワーショースペースで完成した洋服を着て審査員を前にランウエーを歩く。

 リハーサルでは、アナウンスで「好きな魚をイメージ」「レースを使ってかわいくした」などとコンセプトや工夫点を紹介される中、BGMに乗せて歩き方やポーズの取り方などを練習。ピンクのワンピースを仕上げた淡路市立北淡小4年の女児(10)は「夏っぽく、袖を短めにした。かわいい服を見てもらえるのが楽しみ」と、晴れ舞台を心待ちにしていた。

 大人600円など。神戸ファッション専門学校の生徒らの作品も披露される。同館TEL0799・74・1200

淡路の最新
もっと見る

天気(9月21日)

  • 27℃
  • 20℃
  • 0%

  • 27℃
  • 16℃
  • 10%

  • 28℃
  • 21℃
  • 0%

  • 29℃
  • 18℃
  • 10%

お知らせ