淡路

  • 印刷
「美しい暮らしの根本には花や緑がある」と説く吉谷桂子氏=吉備国際大学
拡大
「美しい暮らしの根本には花や緑がある」と説く吉谷桂子氏=吉備国際大学

 行楽シーズンを迎えた淡路島内の観光施設などで16日、秋の草花をめでる「淡路花祭2017秋」が開幕した。初日は兵庫県南あわじ市の吉備国際大学でオープニングイベントがあり、ガーデンデザイナーの吉谷桂子氏が「人に魅せる庭づくり」と題して講演。11月5日まで、各地で多彩なイベントが繰り広げられる。(長江優咲)

 吉谷桂子氏は1992年から7年間の英国生活を生かし、現地の文化を生かしたガーデニング術を提案。NHKのテレビ番組で企画やキャスターを務めるほか、全国各地の公的施設などの植栽を担当し、人気を博している。

 講演会では、英国で出合ったオープンガーデンや自身が手掛けた作品の写真を紹介しながら“魅せる庭”の作り方を説いた。

 黄色の花を引き立てるには隣に青を、赤は緑と組み合わせるなど、色の対比の重要性を指摘。「洋服と同じ。今風に言うと“インスタ映え”するように、庭全体をトータルコーディネートして」と呼び掛けた。

 また「人に喜んでもらえる庭を作ることがモチベーションや楽しさにつながる」とし「魅せることを前提に、季節に合わせて元気いっぱいの草花を育てて」と締めくくった。

淡路の最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 80%

  • 20℃
  • ---℃
  • 90%

  • 18℃
  • ---℃
  • 90%

  • 19℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ