淡路

  • 印刷
3年連続の受賞に笑顔をみせる上田真由香さん=洲本署
拡大
3年連続の受賞に笑顔をみせる上田真由香さん=洲本署

 「全国地域安全運動」(11~20日)のモデルポスターコンクールで、兵庫県立洲本実業高校美術部の3年上田真由香さん(17)の作品が県の優秀賞に選ばれた。上田さんの同コンクールでの受賞は3年連続。表彰式が3日に洲本署であり、「また選んでもらえるなんて」と顔をほころばせた。

 コンクールは全国防犯協会連合会が毎年開催。全3部門中、上田さんが受賞した「暴力団への加入阻止」部門には県内の中高生から30点の応募があった。

 今年は暴力団に足を踏み入れようとする男の手を、周囲の人や警察らが引いて説得する様子を作品に。過ちに気付いた男の表情まで細やかに描いた。約1カ月かけて仕上げた力作で、手の力の入れ具合を表現するため実際に部員に手を組んでもらったという。

 松田哲也署長から記念の表彰状を受け取った上田さんは「描くために調べる中で、全く知らなかった暴力団がいかに怖い存在か分かった」と振り返り、「今後も自分が表現したいものを描いていきたい」と話していた。(長江優咲)

淡路の最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 80%

  • 20℃
  • ---℃
  • 90%

  • 18℃
  • ---℃
  • 90%

  • 19℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ