淡路

  • 印刷
車いすで挑んだ書の大作が並ぶ会場=洲本市民工房
車いすで挑んだ書の大作が並ぶ会場=洲本市民工房

 NPO法人「重度身体障害者生きがい支援の会・アートスタジオ夢」(兵庫県洲本市五色町鮎原西)で書や絵を学ぶ10人の作品を並べた展覧会「在りのまま」が洲本市塩屋1、アルチザンスクエア内の洲本市民工房で始まった。大きな紙に太い筆で墨を落としたダイナミックな書を中心に、明るい色使いが楽しい絵画など計約50点がずらり。作品はそれぞれ個性的で、作者らが楽しんで制作に取り組んだことが伝わってくる。12日まで。(西井由比子)

 同法人は、脳性まひなど重度の障害を持つ人に芸術を通して生きがいを持ってもらおうと2006年に発足。現在、淡路島内、神戸市から小学6年~60代の男女9人が週に1回、同法人のアトリエに通い、書や絵を習っている。

淡路の最新
もっと見る

天気(12月19日)

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 7℃
  • ---℃
  • 60%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ