淡路

  • 印刷
18日から提供される風味豊かな新そば=そばカフェ生田村
拡大
18日から提供される風味豊かな新そば=そばカフェ生田村

 地元で栽培したひきたてのそばが人気の「そばカフェ生田村」(兵庫県淡路市生田畑)で18日、新そばの提供が始まる。同カフェを運営する一般社団法人「生田村」は「10月の遅い台風の影響が心配されたが収穫は順調。風味豊かな新そばを味わって」とPRする。(内田世紀)

 住民グループ「生田地域活性協議会」が2007年、耕作放棄地の解消と花による景観保全を目的にソバの栽培を開始。収穫した実でそばを打ったところ味がよく、催しなどで提供するようになった。11年には閉園した保育所を改装し同カフェを開業。現在は地区の約100世帯が協力し栽培に取り組む。

 今年は8~9月、約1・5ヘクタールに種をまき11月上旬に収穫をスタート。収穫量は1年分の消費量を上回る約1トンを見込む。同法人の田村伊久男理事は「そばを打っていても香りの広がりが違う。今年は収穫量も多いので大勢の人に食べてもらえそう」と話す。

 生田村そば700円(税込み)など。土日祝日の午前11時~午後3時。平日は団体(4人以上)のみ予約を受ける。18、19日午後5時半から、周辺の棚田を竹灯籠で飾るイベントが開かれる。18日はミニ手打ちそばの振る舞い(先着200食)もある。そばカフェ生田村TEL0799・70・1478

淡路の最新
もっと見る

天気(12月18日)

  • 8℃
  • ---℃
  • 10%

  • 7℃
  • ---℃
  • 20%

  • 8℃
  • ---℃
  • 0%

  • 8℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ