淡路

  • 印刷
約5千人が来場してにぎわった「御食国・和食の祭典in淡路島」の会場=18日午前、洲本市塩屋1、洲本市文化体育館
拡大
約5千人が来場してにぎわった「御食国・和食の祭典in淡路島」の会場=18日午前、洲本市塩屋1、洲本市文化体育館
限定30食が即完売した「御食国弁当」
拡大
限定30食が即完売した「御食国弁当」
和食の達人によるミニリレー講座もあった=洲本市塩屋1、洲本市文化体育館
拡大
和食の達人によるミニリレー講座もあった=洲本市塩屋1、洲本市文化体育館

 古代、朝廷に食材を納めていた「御食国」(淡路・若狭・志摩)と、その食材を使って和食文化を発展させてきた京都が連携して和食をPRするイベント「御食国・和食の祭典in淡路島」(神戸新聞社後援)が18日、兵庫県洲本市文化体育館で始まった。約5千人が来場してにぎわった。

 和食が世界的に注目される中、兵庫、福井、三重、京都の関係4府県が一丸となって御食国ブランドを売り出そうと、初めて開いた。

 焼鯖丼(若狭)▽京つけ物(京都)▽鯛茶漬け(志摩)▽淡路ビーフの牛すじ丼(淡路)-など、各地自慢の食がフードコートに集結。出展者の予想を上回る売れ行きで、売り切れも相次いだ。4地域の特産物を詰め込んだ1日30個限定の「御食国弁当」は1個3800円と高額ながら即完売した。一番乗りした介護職の男性(45)=淡路市=は「各地に食べに行く機会はなかなかないので、楽しみにしていた」と話した。

 19日まで。午前11時~午後4時半。(西井由比子)

淡路の最新
もっと見る

天気(12月19日)

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 7℃
  • ---℃
  • 60%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ