淡路

  • 印刷
上空のドローンから見た訓練の様子=南あわじ市松帆宝明寺(南あわじ市提供)
上空のドローンから見た訓練の様子=南あわじ市松帆宝明寺(南あわじ市提供)

 林野火災が広がる原因となる飛び火などを監視しようと、兵庫県南あわじ市で小型無人機ドローンを活用する訓練が進んでいる。これまでは被害調査の訓練で飛ばしていたが、火災時の上空からの監視にも役立てる試み。秋から冬にかけて同市消防団が実施している訓練でも市がドローンを飛ばし、消防団が周辺状況を確認した。(高田康夫)

 南あわじ市では農地利用確認などにドローンを使用しているほか、同市危機管理課にも2015年度に1台配備。職員が操縦を学んでいるが、まだ実践で使用されたことはないという。これまでは総合防災訓練で被害調査のために飛ばしてきたが、同市消防団第1~4方面隊が9~12月に実施している林野火災を想定した訓練でも飛ばし、火災時の消防団との連携を図る。

淡路の最新
もっと見る

天気(10月17日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

  • 20℃
  • ---℃
  • 30%

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ