淡路

  • 印刷
道路沿いに点灯したイルミネーション=南あわじ市福良甲
拡大
道路沿いに点灯したイルミネーション=南あわじ市福良甲

 遊技機メーカー「パイオニア」淡路工場(兵庫県南あわじ市福良甲)で、恒例となったイルミネーションが夜空を彩っている。発光ダイオード(LED)約17万2千個を使い、工場の壁面には幅約12メートル、高さ約16メートルの「ナイアガラの滝」も浮かび上がる。闇夜に浮かび上がった温かな光が、寒い中を帰路に就く中学生らを元気づける。(高田康夫)

 2011年に始まり、電球を年々増やしている。地元の南淡中学校の生徒からは、神戸のルミナリエと地域名の潮美台を掛け合わせ、“シオナリエ”と親しまれる。近くのホテルは冬のお薦めスポットとして紹介し、島外の観光客も訪れるようになった。

 21日夜の点灯式。同中の生徒会メンバー6人がボタンを押し、今年の点灯が始まった。生徒会長の島田新太君(15)は「昨年までは部活の疲れを癒やしてくれた。今年は受験勉強を励ましてくれそう」。

 来年1月8日までの午後5~10時に点灯(クリスマスや年末年始は午前1時まで)。

淡路の最新
もっと見る

天気(12月19日)

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 7℃
  • ---℃
  • 60%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ