淡路

  • 印刷
活動を報告する地域おこし協力隊のメンバーら=淡路市役所
拡大
活動を報告する地域おこし協力隊のメンバーら=淡路市役所

 兵庫県淡路市の地域活性化に取り組む「地域おこし協力隊」のメンバーがこのほど、市役所で活動報告会を開いた。市関係者ら約50人が、取り組みの成果発表などに耳を傾けた。

 同協力隊は、地方に都市部の人材を受け入れて地域力の向上を図り、その後の定住につなげる事業。同市では現在、東京での情報発信▽花と緑のまちづくり▽スポーツ振興-などの分野で9人が課題に取り組む。

 この日は隊員8人が出席した。移住や定住を促進する野田樹さん(35)は、田舎暮らしを体感するバスツアーの企画などを紹介。「移住希望者は少なくないが、住まい探しがネックになることが多い」などと実情を報告した。

 県線香協同組合を拠点に、ものづくりの分野で活動する谷口太郎さん(49)は、海外で「アワジ」という名の線香を展開していることなどを説明。「歴史ある地場産業を次の世代につなぐ力になれれば」と決意を示した。(内田世紀)

淡路の最新
もっと見る

天気(12月19日)

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 7℃
  • ---℃
  • 60%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ