淡路

  • 印刷
ファンと記念撮影するディオーネナイン=ウェスティンホテル淡路
拡大
ファンと記念撮影するディオーネナイン=ウェスティンホテル淡路

 女子プロ野球リーグ2017年シーズンの優勝を果たした兵庫ディオーネは17日、「ファン感謝祭」を兵庫県淡路市内のホテルで開いた。島内外からファン約100人が参加し、連覇を果たしたチームの活躍をたたえた。

 ファンや応援団向けのイベントとして毎年企画。プログラムはすべて選手やチーム職員が考案する。

 冒頭、来季から愛知県に本拠地を移すことに関し、碇美穂子監督が「女子プロ野球の発展のため決断をした。愛知へ行っても、兵庫と同じように愛される球団を目指したい」とあいさつ。その後、選手による歌やコントのショー、愛用したバットやグローブのオークションなどがあった。最後は寺部歩美主将が「中盤以降は悔いが残るシーズンだった。本拠地が変わっても頑張るので、引き続き応援してほしい」とメッセージを送った。

 「選手たちと話していたら涙が出た」と移転を惜しむのは、洲本市の会社員の男性(53)。「明るく素直な選手たちを父親のような気持ちで見守ってきた。来季、淡路島の試合でレベルアップした元気な姿を見せてほしい」と話していた。(内田世紀)

淡路の最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 28℃
  • 21℃
  • 10%

  • 29℃
  • 18℃
  • 10%

  • 29℃
  • 20℃
  • 0%

  • 30℃
  • 19℃
  • 0%

お知らせ