淡路

  • 印刷
馬との触れ合いを楽しむ参加者たち=洲本市五色町、五色ホースクラブ
拡大
馬との触れ合いを楽しむ参加者たち=洲本市五色町、五色ホースクラブ
神秘的な音色で会場を一つにした茶喜利さんのコンサート=洲本市五色町、五色ホースクラブ
拡大
神秘的な音色で会場を一つにした茶喜利さんのコンサート=洲本市五色町、五色ホースクラブ

 ホースセラピー(乗馬療法)に取り組む兵庫県洲本市五色町の五色ホースクラブでこのほど、障害者馬術で2020年東京パラリンピック出場を目指す選手や馬との交流を楽しむイベントが開かれた。馬場に特設した舞台では「吟遊音楽家」として活動する茶喜利さんのコンサートもあり、淡路島内外の約60人が癒やしのひとときを満喫した。(長江優咲)

 パラリンピックに挑戦する人材の発掘や競技普及を目指し、同クラブが主催。11月の「全国障がい者馬術大会」で2年連続優勝を果たした高田亮和選手=淡路市立志筑小6年=ら同クラブの3人のほか、日本中央競馬会(JRA)の騎手時代に落馬し高次脳機能障害がある常石勝義選手や石山繁選手も参加した。

 選手からサインをもらったり、握手をしたり。訪れた親子連れらの間には自然と笑顔の輪が広がった。馬に試乗した南あわじ市立福良小2年の男児(8)は「歩くたびに背中が揺れて、ちょっと怖かったけど楽しかった」と声を弾ませた。

 日没後、竹灯籠や月の明かりが周囲を温かく包み込むと、茶喜利さんのコンサートが開演。「われらは一人じゃない」-。力強くも透き通った歌声を響かせ、会場の空気を一つにした。

 コンサート後には、登校拒否文化医学研究所長(東京)で臨床心理士の高橋良臣さんによる不登校・引きこもりからの脱却をテーマにした講演会もあった。

淡路の最新
もっと見る

天気(1月19日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 9℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ