淡路

  • 印刷
温かみのある書が並ぶ原田伸郎さんの作品展=淡路夢工房
拡大
温かみのある書が並ぶ原田伸郎さんの作品展=淡路夢工房

 タレントで歌手の原田伸郎さんによる書道作品展が23日、兵庫県淡路市夢舞台の淡路夢工房で始まった。力強い墨跡やユーモアあふれる言葉など、原田さんの人柄がにじむ約60点が会場に並ぶ。

 原田さんは十数年前、ストレス性の顔面神経まひで療養中に書道を始め、創作に集中することで心が解放された経験を持つという。以来、書道家としても活動し、各地で作品展を開いている。

 「動静中年」の文字を配した作品のタイトルは「どうせいちゅうねん」。中年期に差し掛かり、今後の活動方針に迷った際の心境を表現したという。また、2本の筆で2色の筆跡を表したり、い草の束で力強く文字をしたためたりと、表現方法の多様さも目を引く。

 友人と訪れた神戸市東灘区の女性(67)は「頭の中の遊びがそのまま表現されていておもしろい。原田さんのこれまでのイメージとは違う一面を知りました」と話していた。

 来年2月4日まで。期間中無休。午前10時~午後5時。入場料は200円(中学生以下無料)。1月6日の午前11時と午後1時半からは、原田さんのトークライブと作品解説がある。淡路夢舞台TEL0799・74・1000

(渡辺裕司)

淡路の最新
もっと見る

天気(7月20日)

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ