淡路

  • 印刷
「あすなろ家族」をPRする甲南女子大学文学部の映画・映像研究ゼミ生と白羽弥仁さん=洲本市内
拡大
「あすなろ家族」をPRする甲南女子大学文学部の映画・映像研究ゼミ生と白羽弥仁さん=洲本市内

 甲南女子大学(神戸市東灘区)文学部メディア表現学科の4年生9人が淡路島内各地で撮影した映画「あすなろ家族」の上映会が13日、兵庫県洲本市本町5の映画館「洲本オリオン」である。日常に疲れた主婦が、故郷の島で「家族とは何か」を再確認する物語。メンバーは「学生が作ったと思われないような、完成度の高い作品を目指した。家庭と仕事を抱える女性の生き方を考えるきっかけになれば」と声をそろえる。

 映画監督の白羽弥仁さんが指導する映画・映像研究ゼミ生の卒業制作作品。「美しい景色など環境が整っている」と島をロケ地に選んだ。淡路島フィルムオフィスが調整役を務め、昨年9月に淡路市の海水浴場や南あわじ市の民家などで撮影した。

 阪神・淡路大震災で子どもを流産した夫婦役など、島内在住の4人がエキストラで出演しているほか、地ビールなどの特産品も登場する。監督の小林奈央さん(25)は「劇中の音楽まで全て自分たちで手掛けた。細部まで注目して」と話す。

 午後1時開場。無料。上映前にメンバーの舞台あいさつがある。震災23年を前に午後3時からは、女子大生の視点から震災の記憶や神戸の今を見つめた白羽監督の作品「劇場版 神戸在住」(2015年公開)も特別上映する。淡路島フィルムオフィスTEL0799・24・2001

(長江優咲)

淡路の最新
もっと見る

天気(1月18日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 30%

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ