淡路

  • 印刷
救助カッターの使い方を学ぶ南あわじ署員ら=南あわじ署
拡大
救助カッターの使い方を学ぶ南あわじ署員ら=南あわじ署

 阪神・淡路大震災から23年となった17日、兵庫県警南あわじ署では、交番や駐在所勤務の署員らが参加する災害警備訓練が開かれた。震災後に警察官となった署員が約7割を占める中、震災の経験や教訓から、次の災害から地域を守る技術や思いを伝えることが課題となる。

 震災時は四国から多くの応援部隊が淡路島に入ったが、危惧される南海トラフ巨大地震では期待できず、署員らの救助活動が重要になる。訓練では火花が散らない油圧式の救助カッターや命綱の結び方などを学んだ。

 震災時の救助活動や仮設住宅での安全対策などに携わり、前任で県警災害対策課長も務めた山本弘一署長(57)は当時を振り返り、「災害時に自分がどう動くのか、きょう一日考え続けてほしい」と呼び掛けた。(高田康夫)

淡路の最新
もっと見る

天気(5月22日)

  • 25℃
  • 17℃
  • 20%

  • 29℃
  • 11℃
  • 10%

  • 28℃
  • 16℃
  • 10%

  • 27℃
  • 15℃
  • 10%

お知らせ