淡路

  • 印刷
南あわじ市灘地区の若者らが初めて開いたアンテナショップ=灘黒岩水仙郷
拡大
南あわじ市灘地区の若者らが初めて開いたアンテナショップ=灘黒岩水仙郷

 兵庫県南あわじ市灘地区の若者らが21日、淡路島の冬の観光名所、灘黒岩水仙郷(南あわじ市灘黒岩)に特産物を販売するアンテナショップを開いた。寂れゆく地区を盛り上げようと初めて立ち上がり、見頃を迎えたスイセンを楽しむ観光客に灘の美味と魅力を訴えた。

 灘地区在住、出身者約30人が昨年11月に設立した灘活性委員会「昇り坂」。観光客と地域の店舗や産業を結び付ける。本年度から市が取り組む「地域づくりチャレンジ事業」の第1号にも認定された。

 オープンに向け、メンバーらは灘で捕れたアジ約800匹を自ら干物に。店舗にはサザエやちりめんじゃこ、ヒジキなども並んだ。スイセンを見終えた観光客は干物を食べ、「身がぷりぷりで全然違う」。

 漁師の西山友和代表(41)は「壮大な自然と魚や果物のおいしさが灘の魅力。店を通じて多くの人に知ってもらいたい。スイセンシーズン以外にも活動できれば」と希望を語る。

 水仙郷ではこの日、てっちりも振る舞われ、朝から大勢の観光客が訪れた。スイセンは2月中旬まで見頃。28日午前10時~午後2時ごろにもアンテナショップが開かれる。(高田康夫)

淡路の最新
もっと見る

天気(5月25日)

  • 28℃
  • 18℃
  • 0%

  • 32℃
  • 12℃
  • 0%

  • 30℃
  • 17℃
  • 0%

  • 32℃
  • 15℃
  • 0%

お知らせ