淡路

  • 印刷
来島した台湾からの下見旅行団=洲本港
拡大
来島した台湾からの下見旅行団=洲本港

 台湾からの下見旅行団が22日、関西空港から船で洲本港(兵庫県洲本市)に到着した。2泊3日の旅程で淡路島内を観光し、台湾で旅行情報を発信する。

 訪日外国人観光客(インバウンド)誘致のための下見招待旅行で、淡路島観光協会などが主催。日本を旅行するリピーターが多い台湾から、旅行社や雑誌社の担当者、インターネットに情報を書き込むブロガーなど16人を招いた。インバウンドにとって淡路島は旅先としてまだ知名度が低く、来島者はほとんどいないため「台湾の人の目線で島の魅力を広めてもらいたい」(同協会)と期待する。

 洲本港では、関係者らが横断幕を掲げて一行を歓迎。クイーン淡路が、島の冬を彩るスイセンを一人一人に手渡した。上順旅行社(台北市)で旅行を企画する林育良さん(30)は「安藤忠雄建築(淡路夢舞台)や淡路ビーフ、渦潮が楽しみ」と話していた。

 一行はその後、洲本温泉の旅館を巡り、夜は淡路島3年とらふぐに舌鼓を打った。23、24日は渦潮クルーズや淡路人形浄瑠璃、ニジゲンノモリや淡路夢舞台、伊弉諾神宮などを見学し、明石海峡大橋を通って関空へ向かう。

 淡路県民局も22日、香港で初の淡路島観光PRに乗り出しており、吉村文章県民局長は「これを皮切りに、インバウンドにどんどん来てもらえるよう努力を重ねる」としている。(西井由比子)

淡路の最新
もっと見る

天気(2月20日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

  • 9℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ