淡路

  • 印刷
くくりわなを新たに仕掛け、注意を促す張り紙を付ける住民ら=南あわじ市沼島
くくりわなを新たに仕掛け、注意を促す張り紙を付ける住民ら=南あわじ市沼島

 兵庫県南あわじ市の離島・沼島に海を渡って入ったとみられるイノシシ。小中学校に近い山中でも土を掘り返した跡や足跡が無数に見つかっており、人的被害が出る前に捕獲しようと、沼島地区連合自治会は24日、わなを増設し、捕獲作戦の強化に乗り出した。(高田康夫)

 もともと獣類がいなかった沼島で、農作物の被害が出始めたのは5~6年前。当初は誰も信じなかったが、一昨年夏に農作物被害が続出し、漁師も海で浮いて死んでいるイノシシを見つけたことから、島への侵入が疑われた。昨年には目撃者も出始め、島内全域の山中で土を掘り返したような跡がある。足跡からイノシシに間違いないという。

淡路の最新
もっと見る

天気(2月19日)

  • 8℃
  • 1℃
  • 30%

  • 8℃
  • -4℃
  • 20%

  • 9℃
  • 1℃
  • 30%

  • 10℃
  • 0℃
  • 30%

お知らせ