淡路

  • 印刷
コンサートを前に、出演者を指導する横山幸雄さん(日本パデレフスキ協会淡路提供)
拡大
コンサートを前に、出演者を指導する横山幸雄さん(日本パデレフスキ協会淡路提供)
中村紘子さん
拡大
中村紘子さん

 2016年7月に亡くなった世界的ピアニスト、中村紘子さんが音楽総監督を務めた「浜松国際ピアノアカデミー」のコンクールで昨年優勝した大阪市立中学3年進藤実優さんと、兵庫県の淡路島内で腕を磨く若手奏者が共演する「フレッシュコンサート」が2月4日、洲本市文化体育館で開かれる。主催するのは、若手ピアニストの育成に尽力した中村さんの遺志を継いで島内の音楽関係者らが設立した「日本パデレフスキ協会淡路」。「偉大なピアニストとのつながりを忘れない」-。開催の裏には、中村さんとの絆を長年大切に紡いできた関係者の思いがある。(長江優咲)

 中村さんは1998年以降、洲本市でコンサートを8回開催。同館での16年5月の公演が、公での最後の演奏となった。同館のスタインウェイのグランドピアノは中村さんが選定したもの。最後の公演前には内側にサインを残している。

 中村さんが発足に携わり、名誉会長に就く「日本パデレフスキ協会」の淡路支部を発足させたのは昨年1月のこと。今回のコンサートに出演する島内の小学4年~高校1年生の男女計5人のため、同会会長の世界的ピアニスト横山幸雄さんが多忙の合間を縫って昨夏から3回来島し、基礎や鍵盤に向かう心の指導を重ねてきた。

 将来の音楽界を担う子どもたちが奏でるのは、ショパンの「幻想即興曲」や「バラード第1番」など中村さんゆかりの名曲たち。コンサート実行委員長の板倉喜美代さんは「公演を続ける限り(中村)先生と島のつながりは何年たっても薄れることはない」と力を込め「トップレベルの若手の演奏を肌で感じて」と呼び掛ける。

 午後2時開演。指定席3千円、自由席一般2千円・学生千円。

淡路の最新
もっと見る

天気(5月27日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ