淡路

  • 印刷
洲本御殿の姿を再現し発表する高校生ら=洲本市立淡路文化史料館
洲本御殿の姿を再現し発表する高校生ら=洲本市立淡路文化史料館

 江戸期に洲本城下町に建てられた「洲本御殿」の再現に取り組む徳島県立つるぎ高校の生徒らが10日、兵庫県洲本市立淡路文化史料館(同市山手1)で調査結果を発表した。古文書の絵図などを元に、図面やCGで当時の姿を再現、訪れた約50人にその一端を披露した。

 洲本御殿は徳島藩主が1641年、三熊山山麓の洲本城内に建設。その大部分は取り壊されたが、門と書院が金天閣として洲本八幡神社(同市山手2)に残る。

淡路の最新
もっと見る

天気(5月22日)

  • 25℃
  • 17℃
  • 20%

  • 29℃
  • 11℃
  • 10%

  • 28℃
  • 16℃
  • 10%

  • 27℃
  • 15℃
  • 10%

お知らせ