淡路

  • 印刷
羽生結弦選手を応援するメッセージが書かれた絵馬=南あわじ市灘黒岩、諭鶴羽神社
拡大
羽生結弦選手を応援するメッセージが書かれた絵馬=南あわじ市灘黒岩、諭鶴羽神社
全国のファンから諭鶴羽神社へ届いた手紙。羽生選手を思う言葉が並ぶ=南あわじ市灘黒岩、諭鶴羽神社
拡大
全国のファンから諭鶴羽神社へ届いた手紙。羽生選手を思う言葉が並ぶ=南あわじ市灘黒岩、諭鶴羽神社

 平昌冬季五輪の男子フィギュアスケートで66年ぶりの五輪連覇に挑む羽生結弦選手の飛躍を願い、兵庫県南あわじ市灘黒岩の諭鶴羽神社に続々と絵馬が奉納されている。名前の読み方が似ていることから、神戸市東灘区の弓弦羽神社とともに数年前からファンの“聖地”に。16日、けがからの復活を懸けてショートプログラム(SP)に臨む羽生選手を、愛であふれたメッセージが後押しする。

 諭鶴羽神社は淡路島の最高峰・諭鶴羽山(607・9メートル)の山頂近くにあり、平安時代以降は修験道の聖地として栄えたと伝わる。

 「平昌で金メダルが取れますように」「最高の演技ができますように」-。境内にはファンがしたためた絵馬がずらりと並ぶ。羽生選手が右足首を故障した昨年11月以降は「早くけがが治りますように」といった言葉も目立つ。

 奥本憲治宮司(56)によると、2014年のソチ五輪で金メダルを獲得した直後から神社の存在がファンの間で話題になったという。神社を挙げて応援しようと、境内には「ガンバレ! 羽生結弦選手応援しています」と書いたパネルを掲示。羽生選手が東日本大震災で被災した仙台市出身であることから「がんばろう東北!」の文字も添える。

 羽生選手への思いを手紙やメールで神社へ届けるファンも後を絶たない。奥本宮司は「五輪での活躍を願うのはもちろん、今後も淡路島から応援の声を届けたい」と話している。(長江優咲)

淡路の最新
もっと見る

天気(1月20日)

  • 13℃
  • 8℃
  • 60%

  • 9℃
  • 4℃
  • 70%

  • 12℃
  • 5℃
  • 60%

  • 10℃
  • 4℃
  • 70%

お知らせ