淡路

  • 印刷
クイズ王決定戦で優勝し、勝者として手を上げられる周藤蓮君=洲本中央公民館
拡大
クイズ王決定戦で優勝し、勝者として手を上げられる周藤蓮君=洲本中央公民館

 京都大学の学生が18日、兵庫県洲本市の洲本中央公民館で1日限定の催し「洲本大学」を開いた。京大生と洲本市民によるクイズ王決定戦が開かれ、京大名物サークルも参戦。市民らはプチ学園祭を楽しんだ。

 洲本市で新たな地域活性化を目指す京大生グループ「S3(エスノ3ジョウ)」が主催。ペットボトルのキャップを自由自在に投げる「キャップ投げ倶楽部」や、ふんどしをこよなく愛する「ふんどし同好会」のメンバーら計14人の学生が訪れ、「2050年の世界」について考えを語ったり、入学体験を話したりするセミナーもあった。

 クイズ王決定戦には市民約50人が参加。○×クイズで15人に絞られ、フリップ問題で京大生3人と対決。旧淡路鉄道や国生み神話など市民に有利な問題もあり、京大生は敗退した。

 5人による決勝の早押しクイズでは、最終問題が終わって2人が同点。追加のクイズ「今日は何曜日?」に素早く答えた加茂小5年の周藤蓮君(11)がクイズ王に輝いた。周藤君は「今日をずっと楽しみにしていたからすぐに答えることができた。優勝賞品のタブレット端末でプログラミングをしたい」と喜んだ。(高田康夫)

淡路の最新
もっと見る

天気(5月25日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 32℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 32℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ