淡路

  • 印刷
色とりどりのチューリップが咲き誇る大地の虹花壇=国営明石海峡公園
拡大
色とりどりのチューリップが咲き誇る大地の虹花壇=国営明石海峡公園

 色とりどりのチューリップが園内を彩る「チューリップアイランドパーティー」が31日、兵庫県淡路市の国営明石海峡公園で始まった。週末に貸し出されるオランダの民族衣装を着て、ミニチュアの風車が展示された花壇を散策すれば、本場・オランダにいる気分になる。20日まで。

 約250種類20万株のチューリップのほか、約30万株のスイセンやムスカリなど球根植物も4月半ばまで順次見ごろを迎える。

 チューリップが虹のように配置された「大地の虹花壇」で、長女(7)と写生を楽しんでいた西宮市の男性(37)は「辺り一面に咲くチューリップを見るのは初めて。親子で楽しめた」。

 1日はスチールパンの演奏やバルーンアートなどのステージイベント、15日は赤いチューリップの花びらを使った草木染体験(750円から)などもある。

 4月からは入園料が改定され、中学生以下が無料になる。大人450円、65歳以上210円など。同公園TEL0799・72・2000

(赤松沙和)

淡路の最新
もっと見る

天気(7月20日)

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ