淡路

  • 印刷
洲本城など「続日本100名城」を巡るスタンプラリーが始まった=洲本市立淡路文化史料館
拡大
洲本城など「続日本100名城」を巡るスタンプラリーが始まった=洲本市立淡路文化史料館
搦手口(からめてぐち)から望む天守台が、スタンプの図柄に採用された=洲本城跡
拡大
搦手口(からめてぐち)から望む天守台が、スタンプの図柄に採用された=洲本城跡
洲本城のスタンプ
拡大
洲本城のスタンプ

 兵庫県洲本市の洲本城など、「続日本100名城」に選ばれた城を巡るスタンプラリーが、「城の日」の4月6日に始まった。100カ所すべてを訪れ、公式スタンプ帳を完成させると「続日本100名城登城者」に認定。同市の担当者は「洲本城の素晴らしさをPRする機会にしたい」と話す。

 洲本城は戦国時代に安宅氏によって築城された山城で、現在の姿にしたのは脇坂氏とされる。壮大で貴重な石垣が特徴で、1999年に国の史跡に指定された。

 「続日本100名城」は昨年4月、歴史研究者や愛好家らでつくる日本城郭協会が発表した。2006年の「100名城」に続く第2弾で、県内からはほかに出石城・有子山城(豊岡市)と黒井城(丹波市)が選ばれた。

 スタンプラリーは同協会が07年、地域の象徴で文化遺産でもある100名城を多くの人に訪問してもらおうと開始。これまでの100名城登城者は2千人を超えるという。

 洲本城のスタンプは、ふもとの洲本市立淡路文化史料館(同市山手1)に設置され、初日は悪天候にもかかわらず県内外から5人ほどの愛好家が訪れた。同市の担当者は「洲本城は地元では親しまれているが、全国的に知名度が高いとはいえない。島外の人にも洲本城の素晴らしさを知ってもらうきかっけになれば」と期待する。

 スタンプ帳は、同協会が監修した「続日本100名城公式ガイドブック」(1728円)に付いており、本は同史料館でも販売している。同史料館TEL0799・24・3331

(渡辺裕司)

淡路の最新
もっと見る

天気(4月28日)

  • 22℃
  • 14℃
  • 0%

  • 21℃
  • 11℃
  • 10%

  • 24℃
  • 13℃
  • 0%

  • 26℃
  • 13℃
  • 0%

お知らせ