淡路

  • 印刷
ダイニング・ラウンジのイメージ。桜の名所がすぐそばにある(ホテルニューアワジ提供)
拡大
ダイニング・ラウンジのイメージ。桜の名所がすぐそばにある(ホテルニューアワジ提供)

 ホテルニューアワジ(兵庫県洲本市)は、岡山県津山市で建設中のホテルの名称を「ザ・シロヤマテラス津山別邸」とする、と発表した。1974年に開業した津山国際ホテルが老朽化したため移設・新築するホテルで、2019年春の開業を目指す。(西井由比子)

 ホテルは地上9階建て地下1階、延べ床面積は約8200平方メートルで、客室数65。「ニューアワジグループらしい、和の落ち着いた雰囲気とする」(広報担当)といい、会議・宴会場、地元食材を集めたマルシェとともに「国際スクエアガーデン」として一体開発する。

 地元の経営者らでつくる「新津山国際ホテル建設協議会」と共同で計約30億円を投じて建設。運営はニューアワジが担う。JR津山線津山駅から徒歩7分、中国道の津山インターチェンジから車で10分の立地で、桜の名所・津山城(鶴山公園)と隣接。「津山市の新たな魅力と情報発信の拠点を目指す」としている。

 ニューアワジグループのホテルは淡路島を中心に四国、神戸、京都に広がっており、シロヤマテラスは15館目となる。

淡路の最新
もっと見る

天気(10月18日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

  • 23℃
  • ---℃
  • 50%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ