淡路

  • 印刷
淡路産の野菜を使った料理が振る舞われたレセプション=洲本市本町5
拡大
淡路産の野菜を使った料理が振る舞われたレセプション=洲本市本町5
5月オープン予定の「さわけマルシェ」=洲本市本町5
拡大
5月オープン予定の「さわけマルシェ」=洲本市本町5

 2014年に約130年の歴史に幕を閉じた、「コモード56商店街」(兵庫県洲本市本町5)内の老舗書店「成錦堂」の跡地に、淡路島食材の流通拠点を目指す店舗が開設される。5月上旬に開店予定の「さわけマルシェ」で、同店に先駆けて、13日オープンのカフェ「HONYANOATO(ほんやのあと)」で10日、関係者を招いたレセプションがあり、約30人が開店を祝った。(赤松沙和)

 「さわけマルシェ」は、淡路の生産者と都市部の飲食店をつなぎ、淡路島の食材を島外へ発信していく「淡路島食材認定店制度」の流通拠点の位置づけ。18年度スタートで、当初は東京30店舗、関西30店舗を目指す。食材の集荷・出荷のほか、店頭でも淡路産の新鮮な農産物や加工品を販売する。

 同カフェは、県内の観光地や商店街の活性化に取り組む「建隆マネジメント」(神戸市中央区)が企画、運営する。メニューは、マルシェで仕入れる淡路産の食材をふんだんに使った日替わりランチや旬の野菜を使ったカレー、島内では初という水出しコーヒーなど。

 レセプションでは、春キャベツのミンチカツや、新タマネギのポタージュスープ、野菜たっぷりのカレーなどが振る舞われ、参加者は淡路の食材を堪能した。

 店長の坂井龍二さん(41)は「島内外の多くの人に淡路の野菜を味わってもらいたい」。さわけマルシェ責任者の熱田大さん(44)は「認定店の料理をきっかけに淡路に興味を持ってもらい、島外から人を呼び込んでいきたい」と意気込みを語った。

 カフェは午前11時半~午後5時。木曜定休。HONYANOATOTEL0799・25・3539

淡路の最新
もっと見る

天気(7月23日)

  • 35℃
  • 28℃
  • 20%

  • 36℃
  • 25℃
  • 20%

  • 36℃
  • 28℃
  • 20%

  • 37℃
  • 27℃
  • 30%

お知らせ