淡路

  • 印刷
乗用農薬散布機のデモンストレーション。風がきつく、水を散布した=南あわじ市賀集福井
拡大
乗用農薬散布機のデモンストレーション。風がきつく、水を散布した=南あわじ市賀集福井

 2016年に約60年ぶりに兵庫県の淡路島で流行したタマネギの病害「べと病」が、沈静化した。16年に半分を超えたべと病の発生株率は、17年は0・39%まで低下。18年は4月5日段階で0・006%と、ゼロに近づいている。ただ、べと病に感染した畑には何年も菌が残るため、関係団体でつくる南あわじ市野菜病害虫防除推進会議は「油断せず、防除の徹底の継続を」と呼び掛けている。(西井由比子)

 べと病はカビの一種による病害で、感染すると葉が枯れて光合成が阻害され、生育不良を引き起こす。16年に西日本で流行し、淡路島でも感染が拡大。生産・出荷量が前年産から2割落ち込んだ。

 べと病は発生から増殖、感染、死滅に至るメカニズムがまだ解明されておらず、一度流行すると産地壊滅の恐れもある。そこで、南淡路農業改良普及センターやJAあわじ島などでつくる同推進会議は17年、農薬散布による防除の徹底指導を強化。16年に52・8%だった発生株率は17年に0・39%まで、100%だった発生圃場率は15・32%まで抑えこんだ。

 今年は4月5日段階で、発生株率は0・006%、発生圃場率は1・68%と制圧状態にあり、生育状況は良好というが「油断は禁物」と同推進会議。

 11日は、「乗用ブームスプレイヤー」と呼ばれる農薬散布機の活用研修を南あわじ市で実施。集まった農家45人に、効果的な使用を呼び掛けた。

 同散布機は、1人が機械に乗って操作するだけで7~11畝に自動散布できるため、従来の手作業に比べて作業効率が格段に向上。むらなく散布でき、作業者に農薬がかかりにくいというメリットもあるため、県やJAあわじ島が16、17年度、農家・団体の導入を支援。計15台が導入された。

 2台を導入した高萩大型機械利用組合=同市賀集福井=の久米啓右代表(64)は「作業効率は格段に上がる。使い勝手も良い」と話していた。

淡路の最新
もっと見る

天気(8月18日)

  • 31℃
  • 22℃
  • 10%

  • 30℃
  • 19℃
  • 0%

  • 32℃
  • 21℃
  • 0%

  • 34℃
  • 20℃
  • 0%

お知らせ