淡路

  • 印刷
小林一三淡路署長(左)から「のじぎく賞」を贈られた藤井嘉人さん=津名警部派出所
拡大
小林一三淡路署長(左)から「のじぎく賞」を贈られた藤井嘉人さん=津名警部派出所

 野焼きの最中にやけどを負って倒れていた男性(78)を助けたとして、兵庫県警淡路署は12日、淡路市の会社員藤井嘉人さん(47)に県の善行表彰「のじぎく賞」を贈った。

 藤井さんは3月26日午後、自宅近くの休耕田から炎が上がっているのを発見。119番し、近づいて状況を確認すると、焼けた草の上で高齢の男性が動けなくなっていた。すぐに体を起こし肩を貸して炎から離れた所へ移動。男性は顔や両手足にやけどを負ったが、命に別条はなかったという。

 津名警部派出所(同市志筑)であった贈呈式では、小林一三署長が「落ち着いた行動で勇気があり、立派です」と称賛。藤井さんは「消防団の経験もあり、動揺はなかった。表彰などと大ごとになって驚いているが、男性が助かってよかった」と話していた。(内田世紀)

淡路の最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ