淡路

  • 印刷
糟谷京子さんが手掛けた、バッグなどのパッチワーク作品=アート山大石可久也美術館
拡大
糟谷京子さんが手掛けた、バッグなどのパッチワーク作品=アート山大石可久也美術館

 兵庫県淡路市出身の洋画家、大石可久也さん(94)の作品を展示する「アート山美術館」(同市楠本)で20日、パッチワークの作品展が始まる。バッグを中心に約20点を展示する。22日まで。

 小学生時代に大石さんから美術を学んだ、芦屋市の糟谷京子さん(69)の作品展。西宮市のパッチワーク教室で20年間、創作に取り組む糟谷さんが、同館で毎月テーマを変え作品を紹介する。

 会場には、アネモネの花を描いたトートバッグや、清らかな白のクラッチバッグ、色彩豊かなポーチなどが並ぶ。5月は子どもにちなんだ雑貨などを、6月は花嫁にまつわる作品を展示する予定。

 糟谷さんは「大石先生の『創ることは生きる喜び』の言葉を実感しながら取り組んでいる。気軽に作品を見てほしい」と話す。

 午前10時~午後5時。入館料が必要。同館TEL0799・74・5565

(内田世紀)

淡路の最新
もっと見る

天気(5月27日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ