淡路

  • 印刷
「第17回あわじオープンガーデン」のガイドブック
拡大
「第17回あわじオープンガーデン」のガイドブック
咲き始めたリュウゼツラン=淡路市野島江崎
拡大
咲き始めたリュウゼツラン=淡路市野島江崎
一心の前庭=淡路市野島江崎
拡大
一心の前庭=淡路市野島江崎

 「100年に1度しか咲かない」との俗説があるリュウゼツランの花が、兵庫県淡路市野島江崎の飲食店「一心」の前庭で咲き始めた。一見花には見えないが、茎の先に黄色い筒状のものがちらほら。幻の花の開花が、近所で評判になっている。(西井由比子)

 リュウゼツランは、中南米原産のリュウゼツラン科の植物の総称で、温暖な地域で自生。放射状に広がる先のとがった葉が竜の舌を思わせることから「龍舌蘭」と呼ばれるようになったという。一般的に成長は遅く、花を咲かせるまでに数十年を要するとされる。あまりの成長の遅さに開花は100年(1世紀)に1度と誤認され、英語で「センチュリー・プランツ」(世紀の植物)との俗称があるほどだ。

 一心では、経営者の浜田早苗さん(68)が15年ほど前に洲本市由良の生花店で小さい苗を購入。前庭に直植えしたところ周辺で自然に増え、10年ほどたったころから花を付ける株が現れだしたという。1度咲いたものは枯死する。

 「なぜこんなに早いサイクルで咲くのか、花屋さんからも不思議がられています」と浜田さん。現在開花を始めたリュウゼツランは昨年11月ごろから急に茎を伸ばしだしたといい、現在約3メートルに成長している。5月半ばにかけ、下から上に、順に花を付けていくという。21日に島内で始まった「第17回あわじオープンガーデン」で公開。22日と5月19、20日にも前庭を開放する。

    ◇

 島内のガーデニング愛好家らが自慢の庭を一般公開する「あわじオープンガーデン」が21日、始まった。22日と5月19、20日の計4日間の日程で、計57カ所の庭が各日午前10時~午後4時の間、無料開放される。対象の庭の概要や場所、開催日などを記したガイドブック(1部300円)が島内のファミリーマートなどで販売されている。

淡路の最新
もっと見る

天気(12月14日)

  • 10℃
  • 6℃
  • 20%

  • 6℃
  • 3℃
  • 80%

  • 10℃
  • 6℃
  • 10%

  • 9℃
  • 4℃
  • 40%

お知らせ