淡路

  • 印刷
多くの人が訪れた「お大師さんの陶器市」の会場=南あわじ市、願海寺
拡大
多くの人が訪れた「お大師さんの陶器市」の会場=南あわじ市、願海寺

 弘法大師の縁日に当たる21日、大師を本尊とする願海寺(兵庫県南あわじ市松帆櫟田)で「お大師さんの陶器市」が開かれた。法要を営む伝統行事に、地域のにぎわいを取り戻そうと、陶器市を始めて3年目。今年も多くの人が詰め掛けた。

 願海寺では法要と人形供養に加え、2年前から陶器市を開催。約30組が陶器や革の作品、食べ物などを提供した。建物内には入り切れないほどの人が訪れ、島内外の陶芸家らの作品を品定めしていた。

 器が好きだという南あわじ市の女性(42)は「これだけ多くの淡路島の窯元さんの作品が一斉に並ぶところはほかにない。見応えがあった」と喜んでいた。

 同寺の檀家の男性(74)は「今年は特に来てくれる人が多かった。露店がずらっと並び、今日ぐらいの人でにぎわっていた数十年前を思い出す」と話していた。(高田康夫)

淡路の最新
もっと見る

天気(10月17日)

  • 21℃
  • 17℃
  • 40%

  • 19℃
  • 13℃
  • 60%

  • 23℃
  • 17℃
  • 30%

  • 22℃
  • 15℃
  • 30%

お知らせ